学生時代、目指す夢が変わってしまった体験

Back Number

Yahoo! JAPAN

学生時代、目指す夢が変わってしまった体験

学生時代、目指していたのは看護師でした

★29歳 女性

学生時代、目指していたのは看護師でした。
病院で働く優しい看護師さんに憧れて、私もああなりたいと思ったものでした。

中学、高校とずっとその夢を持っていたのですが、高校生になって夢は変わりました。
それは、理系科目が全く出来なかったからです。
中学まではなんとか学校の勉強についていけたのですが、高校生になって、数学や化学も難しくなって、全くついていけなくなってしまったのです。
授業を聞いてもさっぱりわからないし、塾にも行きましたが、なんとか赤点をとらずに済むというような成績だったので、看護師の夢は諦めました。

一方で英語の成績は比較的良く、中学生の頃と比べて成績もあがりました。
その頃、近所に住むアメリカ人の留学生と仲良くなって、彼女と色々話すようになり、英語が好きになりました。
それがきっかけで、将来の夢は英語を話せるようになること、外国に行くことに変わったのでした。
ちょっとしたことで、夢は変わるのです。