学生時代、目指す夢が変わってしまった体験

Back Number

Yahoo! JAPAN

学生時代、目指す夢が変わってしまった体験

学生時代に、目指す夢が二転三転しました

★49歳 男性

学生時代に、目指す夢が二転三転しました。
この夢というのは、将来の職業についての夢です。

まず目指したのが警察官でした。
正義という名の下で、悪を取り締まるというのは、何と爽快なことではないかと思ったからです。

しかし、柔道や剣道などの武術を何か一つ身につけなければいけないということを後で知り、諦めました。
自分は、武術には全く興味がなかったからです。

次に憧れたのが、教師です。
特に小学校の先生は生徒と仲良く毎日が過ごせて、一緒に遊んで楽しそうなイメージがあり、憧れたものです。
また、人に教えることの喜びを、家庭教師の体験から知っていたので、尚更でした。

しかし、下世話な話ですが、「教師は月給が安い」ということを知人から聞いて、ガッカリしました。
いくら楽しそうな職業でも、給料が安いというのは私にとってマイナスポイントだったのです。

現在は学習塾を経営しているのですが、収入はほぼ満足している次第です。