学生時代、目指す夢が変わってしまった体験

Back Number

Yahoo! JAPAN

学生時代、目指す夢が変わってしまった体験

子供の頃からゲームをしていました

★43歳 男性

子供の頃からゲームをしていました。
その頃は、単なる遊び道具でしたが、ある時、ゲームを自分で作ることができることを知りました。

その時、将来はゲームを作る仕事に就きたいと思うようになりました。
その為には、コンピューターやプログラムの勉強をしないといけません。専門学校もいいと思ったのですが、コンピューターのことを学ぶことができる大学もあるとのことで、そちらを受験してなんとか合格することが出来ました。

当初は、コンピューターの勉強をして、ゲームプログラマーになりたいと思っていたのですが、大学に入ると経済や会社の経営なども学ぶことができます。そこに業務プログラムと呼ばれるものがあることを知りました。
より使いやすいプログラムを作成することで、社会に貢献できることが分かったのです。

ゲームもいいですが、より社会に貢献できるのではないかと思い、そちらを目指すことにしました。
同じプログラムでも、かなり考え方が異なる仕事になります。