学生時代、目指す夢が変わってしまった体験

Back Number

Yahoo! JAPAN

学生時代、目指す夢が変わってしまった体験

子供の頃は大きな夢を抱くことが多く

★33歳 男性

子供の頃は大きな夢を抱くことが多く、夢をそのまま実現させることが出来るような人も中にはいます。小さい頃は自分も例外なく、大きな夢を持っていました。

しかし、大学生になり、専門的な勉強を進めていくうち、段々と就職を意識するため、途方もなく大きな夢は現実的な夢に変わってきてしまいます。
自分も大学に入学した頃はミュージシャンを夢見てバンド活動を行っていましたが、就職活動の時期が近づき色々な企業の情報を集めているうちに、ミュージシャンのような大きな夢でなくても、十分に人生を楽しむことが出来る、面白そうな仕事はたくさんあることを感じました。

中でも、自分はクリエイティブな仕事に非常に魅力を感じ、広告代理店で働くことを夢見るようになりました。
広告代理店は非常に倍率が高いため、ライバルが非常に多く就職は難しかったのですが、面接対策などを入念に行ったことにより、無事内定を手に入れることが出来、夢を実現することが出来ました。